ウズマキ SS (3cm±) インド洋型 fm-0044

こちらは現物販売の商品です

¥2,980 (税込)

※写真・動画は撮影用の水槽となり飼育環境とは異なります。
7日間の安心生体保証対象:詳細はこちら
タテジマキンチャクダイの幼魚です。
一般的にサザナミヤッコ属(ポマカンサス)の幼魚は、青地に白の模様が入る特徴を持ちますが、タテジマキンチャクダイの幼魚は白の模様が円状に渦を巻いて入ることから"ウズマキ"と呼ばれています。
生息範囲もとても広く、太平洋全域、インド洋、紅海にまで至ります。

こちらの個体は、餌は主に「メガバイト」粒サイズSのレッドとグリーンをmixして与えています。
基本的に食欲旺盛で、口に入るサイズのエサは食べてくれています。
シュアーのSサイズを少し指で潰しながら与えてもパクパク食べています

生息地域 太平洋全域、インド洋、紅海
最大体長 40cm
混泳